スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪?

先週の木曜日深夜
ゼクが嘔吐するので目が覚めました


いつも通りのフードを食べいつもと変わらない様子だったのに
吐くものがなくなっても、何だか苦しそうな様子
それでも明け方には寝てくれました


金曜日朝はいつもと変わらない様子
だけど朝ごはんは食べてくれませんでした
普段でもフードが嫌いで朝は食べない事もあったためそんなに気にしていなかった私


金曜日の夜はゼクが食べやすいように卵粥にしました
お腹がすいていたようで、アトムのぶんまでよこどりして食べてくれ
食後、特に嘔吐する様子もなく安心したのもつかの間・・・


またまた深夜に嘔吐が始まりました
吐く物がなくなっても嘔吐はとまらず
苦しそうなゼク


まさか・・・誤飲してるとか?
お腹に何か詰まってたらどうしよう・・・
開腹手術とかになったら・・・


もう不安なことしか頭によぎりません


土曜日朝一で受診しました
先生ゼクのお腹をたたいてみて
「ガスがたまってるね。このところの気温の変化で胃が弱ってると思うよ」
「誤飲してたら、もっとぐったりしてるはず」
とのこと


とりあえず吐き気止めと胃を保護する薬を処方してもらいました
薬が効いたのか受診後、嘔吐はとまりました
ごはんも、病院で出された缶詰を少しずつ、数回にわけて食べてます


だけど・・・まだ咳の様なゲホゲホがとまりません
犬も風邪ひくのかな
早く元気になって、いつものやんちゃさんに戻って欲しいです
IMG_4650.jpg
スポンサーサイト

細胞球腫

ブログ放置中のアトゼク母です(汗

今日は久しぶりにいい天気で、アトゼク達とお散歩しました(^v^)
いつもこんな天気だと気持ちいいのにぃ~

IMG_8360.jpg


アトムもゼクも久しぶりのロング散歩を楽しんでるようです


IMG_8347.jpg


散歩中、またまたパグのジョンくんと会いましたヽ(^o^)丿
IMG_8352.jpg
このしわしわの顔がたまらなくかわゆいです!



不覚にも水を持って出かけるのを忘れていた私・・・
ちょっと目を離した隙に、アトムもゼクもきちゃない水たまりの水を飲んでまして(T_T)
IMG_8366.jpg



IMG_8367.jpg
ゼクに至っては、足までドロドロ(>_<)
帰ったら、お風呂直行確定です


IMG_8377.jpg
長い散歩から帰り、久々に家の前で2ブヒで写真でも撮ってみようかと並べてみるものの・・・
全く思い通りにならんでくれず(T_T)


IMG_8381.jpg
それどころか、玄関扉の前で早く中に入れろと言わんばかりのアトゼク・・・


賢いもので、散歩のコースも自分の家もちゃんとわかってるんですよね
いつも散歩の後はこうやって私が玄関を開けるのを待ってます
かわいい2ブヒです(^J^)


さて本題
数日前にゼクの右足に赤いイボのようなものが出来ているのに気が付き・・・
IMG_8318.jpg
なんだか嫌な予感・・・
本日、病院受診しました


IMG_8386.jpg
食欲もあるし、元気もいつも通り大ありなんですが・・・



IMG_8388.jpg
受診の結果、腫瘍の可能性があるので細胞検査をする事に(T_T)


IMG_8389.jpg
悪いものでない事を祈り・・・ゼクを預けて一旦自宅へ帰りました


夕方、検査の結果を聞きに病院へ
「細胞球腫」
犬特有の疾患で、一般的に腫瘍に悩まされる高齢には少なく、逆に1,2才の若い犬に見られるという大変変わった腫瘍。
症例の50%は年齢1~2才未満のワンちゃんに発生する。また純血種犬の方が雑種犬よりも発生率が高いです。耳翼が最も好発する部位ですが、四肢、首、頭などにも出現します。通大多数は、1~2cmで、単発性ですが中には多発する事もあります。どちらにしても治療せずとも自然に消失しまう事の多い腫瘍です。


良性腫瘍でホッとしました
自然退縮するとのことで、抗生剤とステロイド剤を処方されました


家に帰り、大いびきで寝るゼク・・・
IMG_8396.jpg
ゼク~お母さん心配したんだぞぉ




そして本日の診察代・・・こっちも痛い(T_T)
IMG_8395.jpg
でも、悪性腫瘍じゃなくてよかったぁ





フレンチブルドッグひろば
かわいいフレンチにたくさん会えるよ!
応援ぽちっとな↓
フレンチブルドッグひろば





ゼク肛門嚢炎(こうもんのうえん)になる

こんにちは(^J^)アトゼク母です


昨日から台風の影響で雨の2日間ですが
6月だというのに、30度近い日もあり、はやくも暑さ対策が必要ですね・・・


先日のお散歩の様子
IMG_5293.jpg
ゼクは暑くてすぐにガハガハ・・・
なのに散歩中ずっとこの前傾姿勢で、ぐいぐい引っ張るんです(汗



IMG_5292.jpg
少しは休憩してほしいんですが、外に出ると興奮しているのか、水も飲もうとしません
(用意した水は飲みませんが、用水路や川には入って行って飲んでます(T_T))




IMG_5294.jpg
アトムのお尻(^J^)
プリップリです(笑)




さてさて、本題です。


月曜日の夜、ゼクの肛門付近が赤く腫れているのに気が付き
IMG_5321.jpg
(わかりにくいですが、ぷっくりもりあがっています)


原因がわからず、元気もあり、食欲もあったのでとりあえず様子をみていました


ところが、夜中に腫れていた箇所が破れ(T_T)
中から、しるのようなものが出てきました
IMG_5325.jpg
「どうしたの~(汗 ゼク大丈夫??」
最悪なことに、火曜日はかかりつけの病院がお休み(涙



傷口をバイオチャレンジで消毒してみると
IMG_5329.jpg
穴があいてる~(驚
どうしよ~


当のゼクは元気もあり、不安な気持ちのまま昨日病院へ


診断の結果
肛門嚢炎(こうもんのうえん)
と診断されました

肛門嚢炎とは肛門嚢の開口部が詰まったり、細菌感染を起こしたりなどで肛門嚢に炎症が起こる病気です。老化などで括約筋の収縮力が低下してくると、肛門嚢を絞る力が弱まり、内部に分泌物がたまりやすくなります。分泌物がたまってくると肛門嚢の導管や開口部が詰まるため、肛門嚢炎が起こります。また、下痢や軟便などで肛門周囲が汚れていると、細菌感染が起こりやすくなるため、それにより肛門嚢炎が起こることがあります。
症状が悪化すると、腫れて痛みが激しくなり、飼い主が患部付近を触ろうとすると嫌がる、排便が困難になるといった症状が見られるようになります。さらに悪化した場合には、肛門嚢が破れて膿や血が混じった液体がでてきます



恥ずかしい話、診断されて初めて知りました(T_T)


ゼク、痛かっただろうに・・・
早くわかってあげられなくてごめんね


病院では穴の中の消毒と抗生剤の注射
一週間の抗生物質の飲み薬を出されました


一週間ほどで、穴は閉じるみたいですが、気を付けてあげないとまた再発するみたいです(T_T)


とりあえず、いつもとかわらず元気のあるゼクです




フレンチブルドッグひろば
ランキング参加中!ぽちっとな
フレンチブルドッグひろば






10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

アトゼク母

Author:アトゼク母
島根県出雲市でフレンチブルドッグ、アトム♂とゼクス♂と暮らしています。
趣味はパン作り、手作り大好きな日常の記録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Buhiアトゼク
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
~~~~~~~~~~